中小企業診断士の難易度〔本当の難易度〕

中小企業診断士の難易度




中小企業診断診断士は、H27年の日経新聞の調査で取得したいビジネス関連資格でTOEICテストを抑え、トップとなっています。

人気が高まっている要因として、ビジネススキルを高めるために格好の資格であること、そしてAIが進展してもなくならない仕事に位置づけられていること、が挙げられます。

そんな人気上昇中の中小企業診断士の試験内容について、制度概要だけでなく、取得によるメリットや年収など、中小企業診断士取得を検討されている方が求めている情報をお伝えします。

中小企業診断士とは

中小企業診断士とは

中小企業診断士とは国が認めた唯一の経営コンサルタント資格です。

ただし、税理士や社会保険労務士、行政書士といった他の国家資格と違うのは、独占業務が存在しない名称独占資格という点です。

そのため、ちまたでは足の裏の米粒と揶揄されることもあります。筆者は、中小企業支援機関に勤務しており、独立した中小企業診断士と接することが多いのですが、その実態は当たっている部分もある反面、あたっていない部分もあります。

中小企業診断士は足の裏の米粒か論争|支援機関目線の感想

2017.12.17

中小企業診断士を取得するメリット

中小企業診断士は、他の資格と求められている目的が大きく異なっており、中小企業の業績改善に対して、適切な分析と提案ができる人材を養成する位置づけとして考えられています。

そのため、先ほど述べた通り、産廃診断などほんの一部独占業務はありますが、基本的に独占業務は存在しません

なのに、なぜ人気の資格となっているのか。それは、中小企業診断士試験を学ぶことによって、ビジネスマンにとって一番必要とされる稼ぐための基礎スキルが向上できるからです。

中小企業診断士試験で得られる稼ぐための基礎スキルとは

ビジネス感度が高くなる

中小企業診断士は経営コンサルタントとして、経営全般に対するアドバイスが求められるため、企業経営理論、財務・会計、運営管理、経営法務、経営情報システム、経済学、中小企業経営・政策の7科目に及ぶ幅広い知識を身につけます。

これらの知識習得によって、世の中で起こっている事象がなぜ発生しているのか、根底を理解できるようになるため、ビジネス感度がとても高くなります。

ビジネス感度の向上は、比例してビジネスチャンスやリスクをいち早く発見するスキルが高まることを意味しています。

論理的思考能力が向上

経営改善などのアドバイスを行っていくには、複雑に絡み合った問題点や現象を、筋道立ててひも解き、それに基づいた改善策を提案しなければなりません。

中小企業診断士として必須能力である論理的思考能力のレベルが合格水準に達しているかを徹底的に問われるので、間違いなく高まります。

AIの進展しても、なくならない職業の筆頭格として中小企業診断士が挙げられる由縁は、対人コミュニケーションの中から論理的に経営課題を発見していく必要があり、これは他の代書作業などとは大きく異なるからだと、筆者は感じています。

社外の人脈が格段に増加

中小企業診断士は独占業務が存在しないことと、それぞれ得意分野が異なるため、資格者同士仲が良く、横のつながりがとても強いです。

合格後に各支部の会員として入会すれば(年会費:5万円)、様々な分野の研究会活動が盛んに行われており、資格取得後も研鑽を積む場は多く用意されています。

多くの人と出会う機会が頻繁に設けられているので、独立を視野にいれている方以外でも、社外の人脈を築くことが可能です。

仕事上、何か困った時に頼りになる人がいるというのは、とても心強いものですよね。

中小企業診断士の年収

中小企業診断士の年収

皆さんが気になる中小企業診断士の平均年収は700~800万円と言われています。

足の裏の米粒と言われる割には平均年収700~800万円であれば、そんなに悪くないのではないでしょうか。

筆者の感覚ですが、他の士業系資格よりもとても稼いでいる人とあまり稼げていない人の二極化の傾向にあり、この辺りが独占業務でない結果にもつながっていると思います。

マイナスイメージに捉えられた方もいるかしもれませんが、ポジティブな見方をすると実力さえもっていれば、会社員時代を超える1,500万円や2,000万円の年収を獲得することも夢もの語りではなく全然可能な数字です。

実際に筆者も2,000万円以上稼いでいる独立の中小企業診断士を何名も知っています。

勉強時間

一次試験および二次試験あわせて、およそ1,000時間と言われています。

一般的にストレートで合格される方の場合は、一次試験が800時間で二次試験が200時間となっています。

合格率

年度によって変動はありますが、おおよそ一次試験と二次試験あわせて合格率は4%となっています。

中小企業診断士一次試験

概要

一次試験はマークシート形式です。

全科目の総得点60%以上、かつ各科目40%未満でないこととなっています。

二次試験においても、企業経営理論、財務・会計、運営管理の3科目は主要科目として位置づけられるほど、重要な科目です。

科目 時間 配点
経済学・経済政策 60分 100点
財務・会計 60分 100点
運営管理 90分 100点
企業経営理論 90分 100点
経営情報システム 60分 100点
経営法務 60分 100点
中小企業経営・政策 90分 100点

試験日

例年8月の1週目の土・日曜日で開催されています。

平成29年度は8月5日(土)・6日(日)でした。

土曜日は花火大会と重なるため、日曜日の試験のために、わき目も降らず帰宅して勉強をしたという淡い記憶となっています。

受験料

13,000円

注意すべきは、一次試験の受験料と言うことです。

二次試験の受験料は別途かかります。

合格率

平成17年度以前は、中小企業診断士試験の旧制度での運用であり、試験科目などが異なるため、平成18年度以降を参考にご覧ください。

合格率が一番高い年度は平成27年度の26.0%一番低い年度は平成22年度の15.9%と、なんと約10%も振れ幅があり、ある年度では合格できた人も、高難度の年度に当たると不合格になってしまう人が多数存在するのが中小企業診断士試験の一つの特徴です。

年度 受験者数 合格率
H13 8,837人 51.3%
H14 10,572人 31.7%
H15 12,449人 16.2%
H16 12,554人 15.7%
H17 11,000人 22.2%
H18 12,542人 22.3%
H19 12,776人 18.9%
H20 13,564人 23.4%
H21 15,056人 24.1%
H22 15,922人 15.9%
H23 15,803人 16.4%
H24 14,981人 23.5%
H25 14,252人 21.7%
H26 13,805人 23.2%
H27 13,186人 26.0%
H28 13,605人 17.7%
H29 14,343人 21.7%

※受験者数は、欠席した科目がひとつもない方の人数です。

中小企業診断士1次試験に活かせる検定試験

年1回しか試験がないため、なかなかモチベーションを保つのが難しいという方もいらっしゃると思います。

また、中小企業診断士の一次試験は各検定試験の3・2級を寄せ集めた試験内容といっても差し支えありません。

そのため、1年のうちに複数回行われる検定試験にチャレンジしながら、突破を目指のも一つの方法です。

もちろん覚えた内容は、中小企業診断士一次試験に直結します。

科目 該当検定試験 勉強時間
財務・会計 日商簿記3級 50時間
日商簿記2級 100時間
運営管理 販売士3級 30時間
販売士2級 70時間
経営法務 ビジネス実務法務3級 35時間
ビジネス実務法務2級 60時間
経営情報

システム
ITパスポート 60時間
経済学・

経済政策
経済学検定試験 40時間

※勉強時間はあくまで目安です。

一番のおススメは、日商簿記2級です。財務・会計に苦戦する方が中小企業診断士受験者に多い傾向にありますが、日商簿記2級を学ぶことで、論点の5割程度補えるだけでなく、一定期間集中して勉強することで、財務・会計の基礎が身につき得意科目へと押し上げることができます。

中小企業診断士2次試験

概要

中小企業診断士の二次試験は、一次試験とは打って変わって記述形式となります。

全科目共通として、経営課題に直面する事例企業に関する情報が記載されていて、その情報から経営改善を果たし、成長・発展へとつなげるための分析と提案をしなければなりません。紙上のコンサルティングとお考えいただくのが一番分かりやすいかもしれません。

中小企業診断士の1次試験のなかで、重点科目とお伝えした企業経営理論で習う「経営理論」は全科目共通、「組織・人事」は事例1、「マーケティング・流通」は事例2、運営管理で習う「生産管理」は事例3、「財務・会計」は事例4の主論点として出題されます。

科目 試験時間 配点
事例Ⅰ 80分 100点
事例Ⅱ 80分 100点
事例Ⅲ 80分 100点
事例Ⅳ 80分 100点

試験日

毎年、10月4週目の日曜日に開催されます。

平成29年度は、10月22日(日)でした。

受験料

17,200円

中小企業診断士二次試験の受験料のみとなりますので、中小企業診断士一次試験の13,000円をあわせると、合計30,200円となります。

合格率

中小企業診断士の二次試験は絶対試験であると公表されていますが、下図をみるとおおよそ20%の合格率で推移していることから、相対試験だと考えてよいです。

これは、中小企業診断士二次試験後の実務補習の受け入れが800~1,000人がキャパ的に最大であるからだとも言われています。

年度 受験者数 合格率
H13 5,872人 10.7%
H14 6,394人 10.0%
H15 4,186人 16.9%
H16 3,189人 20.3%
H17 3,589人 19.6%
H18 4,014人 20.1%
H19 3,947人 20.2%
H20 4,412人 19.8%
H21 5,331人 17.8%
H22 4,736人 19.5%
H23 4,003人 19.7%
H24 4,878人 25.0%
H25 4,907人 18.5%
H26 4,885人 24.3%
H27 4,941人 19.1%
H28 4,394人 19.2%
H29 4,279人 19.4%

※受験者数は、欠席した科目がひとつもない方の人数です。

数字に表れない本当の難易度

中小企業診断士の本当の難易度

人によっては受験が長期化する可能性あり

一次試験はマークシート形式であるため、時間をかければ合格は十分可能です。さらに、科目合格制度を利用すれば、忙しいサラリーマンでもコツコツと勉強してけば、中小企業診断士試験勉強漬けのように時間に縛られることなく、無理なく合格することは可能です。

一方、二次試験は受験者がもともと持っている素養に大きく左右されます。直ぐに合格できる人もいれば、私の知っている限り10年受け続けてもなかなか合格に至らない人もいます。

これは、記述式かつコンサルティングを試す試験であるため、覚えればよいわけではなく、学んだ中小企業診断士一次試験の知識をいかに有効に使えるかは、個人差が大きいと言えるからです。

ビジネス以外でもそうですが、知っているだけの状態とそれを上手に活用できる状態とでは雲泥の差があるのと一緒です。

余談ですが、中小企業診断士合格者は、意外と有名私立や国公立大、一流企業に勤めているような方や税理士、公認会計士などダブルライセンスの一環として取得されている士業の方が多いです。

勉強法を間違わなければ独学合格は十分可能

でも、大丈夫です。安心してください。

一次試験も二次試験も勉強の方法を間違わなければ、筆者(筆者の場合は途中まで勉強法を間違えてたため、合格までに時間がかかりましたが・・)のように無名私立大で一流企業では全くなく、頭が良いわけでもない、普通のサラリーマンでも合格できる試験です。

合格率4%の難関資格ではありますが、努力すれば結果はついてきます。

本サイトをご覧になったすべての方が中小企業診断士試験を受験の決意、そして試験突破されることを願っています。

中小企業診断士|5分でわかる一次試験7科目の全貌

2017.12.30

中小企業診断士|一次試験の科目合格制度の功罪を徹底解明

2018.01.03

中小企業診断士|二次試験〔1日10分の細切れ時間活用法〕

2017.12.11
にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ










中小企業診断士の難易度

4 件のコメント

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。