中小企業診断士は足の裏の米粒か論争|支援機関目線の感想

中小企業診断士は足の裏の米粒か論争|支援機関目線の感想

足の裏の米粒は現実なのか

中小企業診断士資格の取得目的に、経営コンサルタントとしての独立を夢見たから、と言う人も多いのではないでしょうか。

そこで、中小企業支援機関に勤務するがゆえに、独立されている中小企業診断士と接する機会が多くあります。

色々なタイプの中小企業診断士を見てきた中小企業支援機関の目線から、中小企業診断士は足の裏の米粒の資格なのかをつづっていきたいと思います。

※あくまで、筆者の見解であることをご理解の上でお読みください。

資格が飯を食わしてくれるわけではない

いきなり結論ですが、稼いでいる中小企業診断士の方は、総じて資格を武器に仕事をしていません

中小企業診断士で年収1千万円以上、はたまた3千万円以上稼いでいる方がいる一方、全く仕事がなく困っていらっしゃる方も知っています。

やはり、どこまで行っても資格は一つのシグナリング効果でしかなく、最終的に仕事が得られるかどうかは、自分自身によるところが大きいです。

激しい競争が社会で繰り広げられている中で、ましてや独占業務のない資格であるのに、それで飯を食っていこうなどと、あぐらをかく輩が経営者が満足する相談対応ができるでしょうか。決してできないと筆者は断言します。

厳しいことを言っているかもしれませんが、中小企業診断士資格が飯を食わしてくれるという妄想は捨てたほうが身のためです。

だったら、資格を取る意味がないじゃないかと感じる人もいるかもしれません。その結論を出すのは、もう少し記事を読み進めてから判断してみてください。

ここまでは、よく一般的に言われることです。とは言うものの、ですが、これが全てだと筆者も思います。

次のブロックでは、中小企業支援機関である筆者の目線で中小企業診断士の資格の価値をお伝えします。

中小企業診断士に対する公的支援機関のイメージ

公的な中小企業支援機関で働いている方にお話を聞いたところ、中小企業診断士に対する公的支援機関のイメージは、「名も知れぬ有象無象のコンサルと比べて、一定の知識は有しているので安心感がある」ことにつきます。

そのため、他のよくわからないコンサルと比較して、何かあった時には相談したいと思う可能性が高いです。

中小企業診断士に限らずですが、支援機関は常に専門家を探しています。これは、支援機関と言えども、多岐にわたる幅広い人脈を持っているわけではないので、古くから付き合いがある、担当者の人脈などによって、専門家派遣などの依頼を行うことが多いからです。

中小企業診断士の資格を持っていると、持っていないものよりも入り口のハードルはとても低いものになります。

つまり、中小企業診断士という肩書が勝手に営業をしてくれている状態といえます。

これだけでも、中小企業診断士の資格をとる価値はあるのではないでしょうか。

補助金バブル

安倍政権は、中小企業への支援に力を入れていることはご承知の通りです。

あくまで聞いた話ですが、かつて経済産業省は省庁の中であまり目立たない存在だったのが、現在はトップを争うほど華やかな部署としてお役人の中でとらえられているそうです。

このような背景もあって、よろず支援拠点や商工会議所・商工会における経営発達支援計画の実行支援としての専門家活用、みらサポの創設・拡大、来年度は事業承継など、沢山のメニューができています。

さらに、事業者に対して直接投資をする補助金メニューである、もの補助・持続化・創業など、少し前では考えられなかったほど、多くの事業者が申請できるものが存在しています。

中小企業診断士として活躍の場は広がっている背景から、現状は足の裏の米粒とは裏腹に仕事は多く転がっています

ただし、現状はという条件付きです。

少しさかのぼって、〇主党政権時代は、中小企業支援への予算をガッツリ削られた冬の時代でした。

国の方針は、時々によって変わるため(PEST分析で習いましたね)、いつ何が起こるかはわかない外部環境だけに身をゆだねる状態は、経営が安定しない事例企業と一緒です。

補助金申請支援を高らかに掲げ、それをメインに活動する中小企業診断士が数多くいます。

需要が多いため、このような仕事をする方が多いのですが、バブルが弾けたときには淘汰されると、筆者は考えています。

稼げる本物の診断士とは

先ほど、公的支援機関で中小企業診断士の資格があると入り口のハードルは低くなるとお伝えしました。

しかし、依頼するときに診断士であれば、どんな人でも良いかというとそういわけではありません。経営診断ができます、広くマーケティングができますでは、極々当たり前すぎて、お声がかかることは少ないです。わざわざ全く知らない人に頼まなくても、これまでの付き合いのある実績や経験が豊富な専門家を使った方がリスクが少ないからです。

逆に、一般的ではない尖った専門性を持った方であれば、引く手あまたでお声がかかっています。

このあたりが、仕事は多くあるのに全く仕事がないと嘆く診断士が存在するゆえんだと感じます。

資格取得がゴールではなく、スタート

まずは、中小企業診断士の一次試験および、二次試験を突破が目的であって構いません。

取得後、独立を視野に入れている方は、ぜひ取得した後が本当のスタートラインであり、資格で飯を食うのではなく、自身が得意とする専門分野を武器に、稼げる本物の中小企業診断士となって活躍されること願っています。

そして、稼げる本物の中小企業診断士の下地を本サイトを通じて学んでいただけるのであれば、幸いです。

また、筆者も稼げる本物の中小企業診断士になりたいと思い、本サイト運営しながら、試行錯誤でWEBに関するノウハウを吸収している最中です。

共に頑張りましょう。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

関連記事

人気記事中小企業診断士への最短合格には勉強法がマジ大事【裏技あり】

人気記事中小企業診断士の通信講座(予備校)おすすめ4社【無料あり】










中小企業診断士は足の裏の米粒か論争|支援機関目線の感想

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。