【コスパ最強】中小企業診断士通信講座おすすめ5社の値段を比較したランキング

中小企業診断士の通信講座おすすめ比較ランキング
中小企業診断士の通信講座(通信教育)を検討中の社会人

中小企業診断士の通信講座(通信教育)を受講したいと思っていますが、大金を支払う余裕がないのため、なるべく安い通信講座に申し込みたいと思っています。

最近、中小企業診断士の資格に興味がわいたばかりであるため、どんな通信講座(通信教育)があるのかあまり分かっていません。できれば、価格(費用)を比較したランキンがあると、検討しやすくなるのでとても助かります。

エアゾール

中小企業診断士の通信講座(通信教育)を選択する基準として、価格(費用)はとても大きな要因ですよね。
ご希望いただいた中小企業診断士通信講座の値段(費用)を比較表を作成しました。

ただ価格(費用)の比較表だけでは味気ないので、各通信講座(通信教育)のデメリットやメリットなど中小企業診断士である筆者の感想もあわせて述べていきます。

以下の様な疑問にお応えする記事となっています。

  • 中小企業診断士の通信講座(通信教育)を検討中だが、値段(費用)をなるべく抑えれる学校を知りたい方
  • 中小企業診断士の通信講座(通信教育)を検討中だが、どの予備校にすればよいか迷っている方
  • 中小企業診断士の資格に興味があり、どんな学校があるのか知りたい方

中小企業診断士の通信講座おすすめ5社の価格(値段)を比較ランキング

中小企業診断士おすすめ通信講座を価格・値段で比較
aerozol

レボ(診断士ゼミナール)の費用がぶっちぎりで安いですね。
中小企業診断士通信講座(通信教育)5社の価格(費用)の比較表は以下の通りです。

順位 予備校 価格(費用) 教育訓練
給付金
お祝い金 実質価格(費用)
・料金
中小企業診断士通信講座(通信教育)の費用1位 レボ(診断士ゼミナール) 54,800円 なし 30,000円 24,800円
中小企業診断士通信講座(通信教育)の費用2位
スタディング(旧通勤講座)
72,900円 あり 10,000円 41,984円
中小企業診断士通信講座(通信教育)の費用3位
クレアール
254,100円 あり 50,000円 153,280円
4位 大原 258,000円 あり なし 206,400円
5位 TAC 285,000円 あり なし 228,000円

※一次・二次ストレート合格を目指すコース通信講座(通信教育)を比較対象としています。
※実質費用とは、【価格(費用)】-【教育訓練給付金(費用の20%)-お祝い金】です。
教育訓練給付金対象に該当しない方は、費用となります。

中小企業診断士の通信講座(通信教育)を検討中の社会人

確かに、レボ(診断士ゼミナール)の5万円を切る価格(費用)は、とても魅力的です。

確かに安いのはとても魅力的なのですが、安かろう・悪かろうの印象を同時に受けてしまいます。

かといって、授業やテキストの品質はおそらく高いと思われる「クレアール」や「TAC」、「大原」は費用が高すぎて、手が出しづらいです・・・。

aerozol

確かに費用だけで比較すると、レボ(診断士ゼミナール)が最強に見えてしまいますし、安すぎると逆に不信感を抱いていしまう人もいらっしゃると思います。

そこで、価格(費用)とサービス品質の2軸で考えた時には、通信(教育)講座5社の位置づけがどうなるのか見てみましょう。

中小企業診断士の通信講座おすすめ5社の費用とサービス品質の2軸で比較ランキング

中小企業診断士おすすめ通信講座比較総合ランキング
aerozol

サービス品質の点数化に入る前に、価格(費用)を点数化すると次のようになります。

費用を点数化

順位 予備校・専門学校 点数
中小企業診断士通信講座(通信教育)の費用1位
レボ(診断士ゼミナール)
5点
中小企業診断士通信講座(通信教育)の費用2位
スタディング(旧通勤講座)
4点
中小企業診断士通信講座(通信教育)の費用3位
クレアール
3点
4位 大原 2点
5位 TAC 1点
aerozol

サービス品質については、(1)講義、(2)テキスト・過去問、(3)アフターフォロー(講義・テキスト以外の支援)、(4)母集団等の観点を考慮して点数化してみます。

すると、表の通りクレアールが1位、そして同点ですが若干TACの方が上回り、レボ(診断士ゼミナール)で、大原およびスタディング(旧通勤講座)となります。

あくまで個人的な点数ですが、各通信講座(通信教育)の点数をつけた理由はもう少し下の方に記載していますので、そちらをみていただければと思います。

なお、合格率や合格実績はどの通信講座(通信教育)も公表していませんが、合格者は出ていますので一定の品質は担保されています。その上での比較とご理解ください。

サービス品質を点数化

順位 予備校(専門学校) 点数
中小企業診断士通信講座(通信教育)の価格(費用)1位
クレアール
5点
中小企業診断士通信講座(通信教育)の価格(費用)2位 TAC 4点
中小企業診断士通信講座(通信教育)の価格(費用)3位
レボ(診断士ゼミナール)
3点
4位 大原 2点
4位 スタディング(旧通勤講座) 2点

比較表

aerozol

価格(費用)に加えて、品質の2軸で分析したことで、それぞれの特徴が見えてきました。

  1. コスパ効果が高い
  2. 価格(費用)・品質のどちからに偏り
  3. ブランド先行型
    資格の大原の詳細はこちらから
2軸分析表
中小企業診断士の通信講座(通信教育)を検討中の社会人

なるほどです。価格(費用)のことばかり考えていましたが、確に合格への最短距離を提示してくれる通信講座(通信教育)でないと、本末転倒になってしまいますね。価格(費用)重視のコスパ型か、品質重視のコスパ型どちらにしようか迷います。

でも、最初の時は漠然と通信講座(通信教育)をどこにしようかと考えていましたが、aerozolさんのおかげで見るべき視点とある程度検討すべき通信講座(通信教育)を絞ることができました。

aerozol

そうですね。私も、価格(費用)重視ならレボ(診断士ゼミナール)品質重視ならクレアールを選択します。

どちらに重きをおくかは、人によって変わってくると思いますので、指針として取り入れてもらえればと思います!

診断士ゼミナール(レボ)

中小企業診断士おすすめ通信講座ランキング1位
aerozol

レボ(診断士ゼミナール)の価格(費用)は圧倒的に安いことですね。5万円を切るのは、めちゃくちゃ安いと思います。

しかも、合格するとお祝金3万円もらえるため、実質2万5千円で受講可能なのは、市販教材を購入して独学で勉強するよりもコスパが高いです。

サービス品質としては、3年間受講延長無料制度というなんとも有難いアフターフォローやメールでの問い合わせが無制限といった点が優れています。

クレアールやTACには劣るものの、教科書や過去問も図解が盛りだくさんであり、しかっりとした解説が記載されているので、中小企業診断士突破の力を養うことができます。

クレアール

中小企業診断士おすすめ通信講座ランキング2位
aerozol

費用は安くもなくめちゃくちゃ高いわけでもありません。特筆すべきは、過去問題集の作りこみと、40点は捨てて、合格点である60点を確保するための勉強戦略を徹底している点です。中小企業診断士試験のように覚える範囲が広い場合には覚える範囲を絞り込んむことは、合格するための鉄則です。

このノウハウを予備校(専門学校)として蓄積しているクレアールはサービス品質はとても高いと言えます。

スタディング(旧通勤講座)

中小企業診断士おすすめ通信講座ランキング3位
aerozol

レボ(診断士ゼミナール)の次に価格は安いので、価格(費用)に重きを置いた方にはおすすめです。。

しかし、メールなどでの質問についてはオプション料金が発生してしまうため、アフターフォローの点ではデメリットが目につきます。また、教材の内容も若干内容が簡素化されすぎている印象もあります。

そのため、スタディング(旧通勤講座)をメインに使いながらも、参考書籍で知識などを補足する勉強スタイルとなりそうです。

もちろん個人個人の事前スキルや知識によって変わってくるので、あくまで私の感想としてとらえてください。

TAC

中小企業診断士おすすめ通信講座ランキング4位
aerozol

価格を基準にすると、TACは最下位となります。

たしかに、価格(費用)は高いですが、中小企業診断士の最大手予備校としてのブランドが確立されています。TACの通信講座(通信教育)を受講する最大のメリットは、母集団が多いことです。母集団が多いということは、自分の立ち位置がわかるため、勉強の進捗やPDCAに反映しやすいですね。

しかし、質問回数に制限が設けられているというデメリットも存在しますので、注意が必要です。

資格の大原

中小企業診断士おすすめ通信講座ランキング5位
aerozol

価格(費用)を基準にすると、ブービー賞です。

授業も中小企業診断士の資格取得者ではない人が教えていたりする場合(大原の通信講座(通信教育)受講者に裏どりしました)があり、少し信用度に落ちます。

とはいうものの、一定数の合格者は輩出していますので、大原に選択したらその後は、大原を信じてわきめをふらずに勉強することですね。

中小企業診断士の勉強法は通信講座と独学どっちにすべきか

中小企業診断士の勉強法は通信講座と独学どっちにすべきか

中小企業診断士の合格を目指すうえで、どの勉強形態を選択すべきかは非常に重要です。

しかし、仕事が忙しいサラリーマン(社会人)でなかおかつ値段的にも高くついてしまう通学講座の選択は、現実的に難しいため、残りの選択肢である「通信講座」と「独学」の二択となります。

aerozol

通信講座も独学、通学も一長一短があるから、メリットデメリットを知った上で、あなたに適した勉強形態を選択すべきです。

通信講座のメリット
  • 長年蓄積した合格ノウハウがある
  • 目だけでなく、耳も使って学習できる

独学のメリット
  • 費用を安く抑えられる
  • 学習スケジュール等全て自分で決めれる

 

通信講座の最大のメリットは、通学よりも安い値段で専門学校が長年蓄積してきた合格ノウハウを利用できる点で。これによって、独学よりも効率の良い勉強ができるのは間違いありません。

一方で独学の最大のメリットは、通信講座よりも安い費用で抑えることが可能な点です。

通信講座のデメリット
  • 独学よりも費用がかかる
  • 学習を消化しきれない可能性がある

独学のデメリット
  • 勉強法が正しいか確認できない
  • 成功するかは自己管理次第

 

通信講座だと、10-20万かかることがほとんどで独学よりも高くつきます。お金の面だけ見たら、確かに独学よりも費用がかかります。しかし、合格までの勉強期間は間違いなく通信講座の方が短くできるため、時間効率は間違いなく高いです。

独学だと、自分でスケジュール管理しながら勉強する必要があるので、通信講座のスケジュールで学習を消化できないのであれば、独学だとしても途中で断念してしまう可能性が高いです。

aerozol

通信講座と独学のメリットデメリットを理解した上で、どちらを選択するのか判断するのが重要です。

通学講座を選ぶならTAC

通学講座を選ぶのであれば、業界最大手で母集団の多いTACが一択です。

約30万円と高額ではありますが、一次試験対策に強いことで定評のある学校です。

aerozol

中小企業診断士を目指す受験生と情報交換しながら勉強を進められる点はモチベーションの維持にもつながるはずです。

まとめ

aerozol

中小企業診断士の通信講座(通信教育)を選択するうえで、価格(費用)は重要な決定要因です。しかし、費用だけで判断してしまうとサービス品質がともなっていなかった場合に、合格からは遠のいてしまいます。

ぜひ、今回の価格とサービス品質の2軸分析表を参考にしながら、ご自身が納得いく講座を受講されることを願っています。

最後に、通信講座(通信教育)はあくまで最短合格を目指すツールです。結局最後は、自分自身がどこまで本気度を高く持って目指せるかです。頑張ってください。応援しております!