中小企業診断士の通信講座(予備校)おすすめ4社【無料あり】

無料あり:中小企業診断士の通信講座(予備校)おすすめ4社

ビジネスパーソンが取得したい資格ランキングで1位に輝くなど、中小企業診断士の資格を取得したいと考える方は増加傾向にあります。それに伴って、昔は数えるほどしかなかった中小企業診断士の通信講座(専門学校)でしたが、現在では「中小企業診断士」や「中小企業診断士通信講座」、「中小企業診断士予備校」、「中小企業診断士専門学校」「中小企業診断士スクール」などで筆者がぱっと検索しただけで20以上もの学校が見つかりました。

20以上もの予備校・専門学校が乱立する中で、本記事では『ニーズ別に4校だけ』に厳選して中小企業診断士の通信講座(スクール)をご紹介します。

中小企業診断士である筆者がおすすめする通信講座(予備校・専門学校)4社

10万円以内で受講可能であり、なおかつ試験合格へ最短ルートを提示してくれる質の高い通信講座(予備校・専門学校)を厳選して4社、本記事ではニーズ別にご紹介していきます。

  • クレアール
    資格の取得だけでなく取得後(資格更新に必要な研修や独立の支援、交流会)のサポート【無料】も受けたい方
  • レボ(診断士ゼミナール)
    圧倒的な低価格、かつその他通信講座(予備校)と遜色のない授業を受けたい方
  • 通勤講座
    通勤時間が長い、まとまった時間をとるのが難しいなどの理由によって、ちょっとした空き時間を活用する試験勉強をメインに進めたい方
  • 資格スクエア
    関連資格を取得しながら徐々にステップアップしながら中小企業診断士の試験合格を目指したい方

各社の詳しい特徴をみていきましょう。

中小企業診断士の通信講座(予備校・専門学校)1:クレアール

資格の取得だけでなく取得後(資格更新に必要な研修や独立の支援、交流会)のサポート【無料】も受けたい方にとっておきの講座です。

クレアールは、指導歴49年を誇る老舗の資格専門学校で、テキストや過去問題集などの品質は、ご紹介した通信講座(予備校)のなかで随一です。さらに、資格取得後のサポートが充実しており、具体的には、中小企業診断士の資格を活かした独立、副業、本の出版の支援などを無料で受けられるのです。この制度は、他の通信講座(予備校)にはない非常に珍しいサポートです。

そんな中小企業診断士の専門学校クレアールから資料請求〔無料〕をすると、なんと短期合格するためのノウハウ情報が満載な本「中小企業診断士試験非常識合格法」を無料でもらえます。

追記(12月7日):11月までのキャンペーンから更新されていませんが、確認したところ資料請求すれば問題なくもらえます。

最短合格に確実につながる1冊なので、資料請求【無料】して効率よく情報収集するのが吉です。コスパ最強すぎですね。

中小企業診断士の筆者がテキスト等を実際に取り寄せた検証結果から、本当に受講すべき通信講座か解説しています。クレアールの通信講座が気になる方はクレアール〔中小企業診断士〕の評判【中小企業診断士の筆者が実際に検証】をご覧ください。

中小企業診断士の通信講座(予備校・専門学校)2:レボ(診断士ゼミナール)

圧倒的な低価格、だけどその他通信講座(予備校)と遜色のない授業を受けたい方にうってつけなのは、レボ(診断士ゼミナール)です。業界最安値の価格です。

しかも、3年間受講延長無料制度というなんともお得なものがあるため、該当合格年度で仮に不合格であっても、翌々年までは無料で勉強ができてしまいます。

さらに、中小企業診断士の講座の中で、講義の分かり易さ満足度継続のしやすさの項目(楽天リサーチ実施のインターネット調査)で第1位を獲得するなど、勢いのある中小企業診断士の専門学校です。

中小企業診断士である筆者が、レボ(診断士ゼミナール)の通信講座体験談レボ受講生の口コミ・評判から、公式サイトでは語られないであろう情報テンコ盛りでお伝えします。
レボ(診断士ゼミナール)が気になる方はレボ(診断士ゼミナール)は価格だけじゃない【診断士の筆者が断言】をご覧ください。

中小企業診断士の通信講座(予備校・専門学校)3:通勤講座

通勤時間が長い、まとまった時間をとるのが難しいなどの理由によって、ちょっとした空き時間を活用する試験勉強をメインに進めたい方向けにはとっておきの講座です。

スマホやタブレットで勉強するユーザー向けに教材や過去問題などがウェブアプリで開発されています。そのため、空き時間を有効活用した勉強にうってつけです。

無料で講座が体験できますので、とりあえず講座を受てみて授業や教科書の分かり易さなどを検討するのが一番です。

中小企業診断士の通信講座(予備校・専門学校)4:資格スクエア

中小企業診断士の一次試験は7科目と多岐に亘ります。いきなり中小企業診断士の試験を目指すのではなく、関連資格を取得しながら徐々にステップアップし、最終的に中小企業診断士の試験合格を目指す方向けの通信講座(予備校・専門学校)と聞かれれば、資格スクエアです。

中小企業診断士の1次試験突破のために、関連する7つの資格を目指すコースとなっています。

  • 経済学検定(経済学・経済政策)
  • 簿記検定(財務・会計)
  • ビジネス会計検定(財務・会計)
  • 経営学検定(企業経営理論)
  • 販売士(運営管理)
  • ビジネス実務法務検定(経営法務)
  • ITパスポート(経営情報システム)

7つもの検定試験に加え、中小企業診断士の試験を合格できれば、相当な自信とビジネスマンとしての能力が身についているはずです。

こちらも会員登録【無料】を行えば、一次二次試験の講座が体験できますので、とりあえず体験してみて受講するかを検討するのがベストです。

中小企業診断士の通信講座(予備校・専門学校)4社の比較表

個人的には金額、教材内容の分かり易さ、図解が豊富、過去問の解説が詳細、勉強への取り組みのしやすさ、価格の総合的な観点から、レボ(診断士ゼミナール)が一番おすすめの通信講座(予備校)です。

ただし、このあたりは個人差がありますので、何度も述べている通り、無料体験講座の受講、資料請求による検討を行ったうえで、自分が一番適している通信講座(予備校)を選択するのが吉です。

※1・2次試験合格向けの主要コースでの比較となっています。
※資格スクエアのみ、1・2次試験のセットコースが存在しないため、1次試験合格を目指す主要コースで比較しています。

レボ 通勤講座 クレアール 資格スクエア
価格 約5万 約5万5千 約10万 約7万2千
合格お祝い金 最大3万 1万 5万 なし
実質価格 約2万 約4万5千 約5万 約7万2千
教材の質・使いやすさ
関連資格の取得サポート
取得後のサポート

まとめ

すべて無料で情報を収集できるため、重要なのは無料講座の体験および資料請求をした上で検討して、自身が一番最適な通信講座(予備校)を決めることです。そして、通信講座(予備校)を決定したら、後は愚直にひたすら勉強あるのみです。

参考

価格・料金を比較した記事がご覧になりたい方は、【コスパ最強】中小企業診断士の通信講座5社の価格・料金を比較をご覧ください。

参考中小企業診断士の難易度〔本当の難易度〕

参考中小企業診断士への最短合格には勉強法がマジ大事〔裏技あり〕

aerozol

同じような境遇の方により多くお伝えするためシェアいただけると嬉しいです!