中小企業診断士とは

中小企業診断士とは

中小企業診断士とは、を中小企業診断士協会の定義から見る

筆者が中小企業診断士の二次試験を6度も受けるハになってしまった一番の要因は、中小企業診断士がどのような仕事をすることが国から求められているのか?を真に理解できていなかったからです。もし過去の自分に助言できるのであれば、中小企業診断士試験を通じてどんな能力を持った人間を欲しているのかをしっかりと自分自身のなかで、腹落ちするまで考えろと伝えたいです。

その答えは、試験実施団体である一般社団法人中小企業診断士協会にある「中小企業診断士ってなに?」というページに以下のように記載されています。

中小企業診断士は、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家です。法律上の国家資格として、「中小企業支援法」第11条に基づき、経済産業大臣が登録します。

中小企業診断士制度は、中小企業者が適切な経営の診断および経営に関する助言を受けるに当たり、経営の診断及び経営に関する助言を行う者の選定を容易にするため、経済産業大臣が一定のレベル以上の能力を持った者を登録するための制度です。

中小企業基本法では、中小企業者が経営資源を確保するための業務に従事する者(公的支援事業に限らず、民間で活躍する経営コンサルタント)として位置づけられています。

さらに中小企業診断士の役割については、次の通りとなっています。

中小企業診断士は、まず、企業の成長戦略の策定について専門的知識をもってアドバイスします。また、策定した成長戦略を実行するに当たって具体的な経営計画を立て、その実績やその後の経営環境の変化を踏まえた支援も行います。このため、中小企業診断士は、専門的知識の活用とともに、企業と行政、企業と金融機関等のパイプ役、中小企業への施策の適切な活用支援まで、幅広い活動に対応できるような知識や能力が求められています。

なぜ、中小企業診断士が何者なのかを考えなければいけないかと言うと、会社を経営していくにあたって経営理念はすべての基軸であるように、中小企業診断士試験における中小企業診断士の役割を理解することは、中小企業診断士試験の経営理念と捉えられ、るゆるぎない軸を手に入れることができるからです。独学の方は、この点が抜けていることがあるので注意されたい。

私が考える中小企業診断士とは

「時は金なり」とのことわざがあるように、ビジネスの現場では当たり前ですがスピードが求められますよね。上記の赤字となっている中小企業診断士は、中小企業の経営課題に対応するための診断・助言を行う専門家です。企業の成長戦略の策定がそれに当たります。

企業の成長戦略とは、簡便的に言うとあるべき姿とのギャップである経営課題の特定とそれを解決する具体的な戦略や機能別戦略の提示です。以上から、成長戦略に経営課題が含まれていることから、一番重要な事項としては経営課題への対応だと筆者は断言します。

「経営課題に対応する」を、さらに具体的にすると、(1)経営課題をしっかりと把握できる、(2)それを解決するためのストーリーを描ける能力を持つものが中小企業診断士と言えます。

中小企業診断士はストーリーを描くこと
経営課題を解決するストーリーが描けるか

実務においても、この2点が精度高くできるかどうかが、中小企業者の良き相談相手になれるかの分岐点の一つであることは間違いありません。

にほんブログ村 資格ブログ 中小企業診断士試験へ

関連記事

人気記事中小企業診断士への最短合格には勉強法がマジ大事【裏技あり】

人気記事中小企業診断士の通信講座(予備校)おすすめ4社【無料あり】










中小企業診断士とは

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。