中小企業診断士である筆者の素性

筆者遍歴の紹介

中小企業診断士試験合格まで

平成27年度に合格した中小企業診断士のaerozolです。

中小企業診断士の一次試験を4回、そして二次試験をなんと6回も受けるはめになりました。中学・高校と国語だけは得意だったはずなのに、国語の試験と言われる中小企業診断士の二次試験はなぜなかなか突破できなかったのか。理由は、国語の試験でありながら、似て非なるものだと理解できていなかったことです。

特に、中小企業診断士試験を独学によって合格を目指す皆様にとって、学習効率が高まるような情報を提供していけたらと思っています。

中小企業診断士の試験を振り返ってみると

合格前年度の二次試験の組織・人事の事例でA評価をとった時に、中小企業診断の試験で求められている本質をぼんやりと理解できました。

この中小企業診断士の本質の正体を何となくではなく、明確に・はっきりとつかむことが中小企業診断士の試験に合格することはもとより、中小企業診断士の試験合格後の実務で活躍するためのスキルに直結すると野生の勘が働いたようです。

よくよく考えてみると、あえなく不合格であった平成26年度は、ベースは独学であったものの、予備校の模試を2回受けるなど、目的意識などを持たず、何となく勉強をこなす作業的な意味合いが大きかったように思います。

合格した平成27年度は、ぼんやりと見えた中小企業診断士の本質を掴むことだけに全精力を傾けました。そのため、過去問以外の勉強は行っていません。

結果として、過去問以外に手を付けなかったことで、中小企業診断士の試験が求める本質を理解することができたと同時に、仕事の幹となる考え方やスキルを手に入れることができました。

中小企業診断試験の本質とは何かが知りたい方は、こちらをお読みください。

中小企業診断士とは

2017.11.24

言っていることは、極めて当たり前です。恐らく、合格年以前にも目にしているはずなのですが、自分のなかで響いていなかったのだと思います。

何も分からず運よく資格だけ取得することは筆者の本意ではありませんので、時間こそかかってしまいましたが、中小企業診断士の本質に試験勉強を通して気づけたことは、逆に今では良かったと感じています。

中小企業診断士の試験に合格した平成27年度の得点開示請求の結果

合格後に、中小企業診断士の二次試験の得点がどのくらいとれていたのかを知るため、中小企業診断協会に得点開示請求を行いました。

中小企業診断試験の得点開示請求方法が知りたい方は、こちらをお読みください。

中小企業診断士|二次試験の評価〔得点開示請求〕は宝の山

2017.12.15

結果は、以下の通りです。

科目 組織・人事 マーケティング 生産・技術 財務・会計 合計
評価
点数 86点 58点 64点 76点 284点

中小企業診断士の試験に合格した平成27年度の得点開示請求の結果を受けての感想

得点が記載された封筒を開けるときは、合格しているものの、筆者の考え方があてはまっていたのか答え合わせをするような気分であったため、とてもドキドキしたのを覚えています(中小企業診断士の二次試験の合格発表を見た時以上にドキドキでした)。

得点結果をみていただければお分かりになりますが、マーケティングは58点と合格点には達しなかったものの、筆者が感じた中小企業診断士の本質と、中小企業診断協会が求めているものと一緒であったことを証明できました。

平成27年度は徹底的に過去問だけを研究した結果、中小企業診断士の本質を本当の意味で理解できれば、6割前後の得点は安定的に獲得できるように出題者は問題を作成してくれていることは、間違いありません。

仕事について

中小企業支援機関に勤めており、プレスリリース(成功率90%以上)、販促物制作、創業、経営計画策定支援を得意としています。
小規模事業者と接する機会が多いため、中小企業診断士で学んだ内容をもとに事業者が帰ったら直ぐに行動を起こそうと思える支援ができるよう、日々精進しています。

本サイトを立ち上げた理由

中小企業診断士らしく、MECE(もれなく・ダブりなく)な視点で、理由をお伝えします。ただただMECEが言いたいだけではと思った方、すみません。図星です。

読者の皆さまにご提供したいこと

中小企業診断士の資格を取得して一番感じたのは、独立診断士・企業内診断士を問わず、中小企業支援のスキルを本当の意味で有している、いないの二極化がすさまじい程にくっきりとしていたことです。

そしてこの境目となるのは、中小企業診断士のベースとなる課題把握能力だとも感じています。

中小企業診断士の試験勉強に役立つ情報提供していくため、もちろん短期的な目線では中小企業診断士の試験合格のための勉強法です。しかし、本当の意図は試験合格の勉強法ではなく、中小企業診断士の資格取得後の実務で本当に活きるスキルのベースを試験勉強と同時にみにつけていただけるような内容を情報をご提供できるよう頑張ります。

筆者自身が実現したいこと

中小企業診断士として、支援領域の拡大および質的向上を図るため、WEBによる支援スキルを高めている最中です。WEB開発に必要と言われるプログラミング言語であるHTML、CSS、javascript、phpの基礎的な部分は習得しました。これを踏まえて、WEBマーケティングノウハウ、特にSEO対策によるアクセス数を増加させるノウハウ習得を目指します。

なぜWEBマーケティングノウハウをみにつけたいのか

筆者は新卒で、中小企業支援機関(経営コンサルティング業務)に入社しています。聞こえはいいですが、泥臭い仕事を多くこなしています。そんななかで、最近はWEBに関するご相談を多くいただくようになった関係もあって、先ほどお伝えした通り、WEBプログラミングの基礎を習得しました。

WEB制作技術を更に極める道もあったのですが、よくよく考えてみると、自分自身がやるべきことはそれよりも、顧客の価値をいかにして最大限発揮する引き出しを持つことができるかの方が重要だと思い直しました。

WEBプログラミングは基礎的なレベルを持っていれば十分で、それ以上にWEBマーケティングノウハウをみにつけたほうがお役に立てると考えたことが、本ブログを始める発端となっています。

ブログを実際に初めてみて

WEBの力は無限大です。

中小企業診断士の知識とWEBに関する知識、ノウハウを掛け合わすことができれば、これまで以上に多くの企業をよりハッピーにできると実感しています。

aerozol

同じような境遇の方により多くお伝えするためシェアいただけると嬉しいです!

2 件のコメント

  • 独学にて1次を4回、2次を3回受験した末にようやくH29に合格しました。似た境遇における合格までの苦労を察し、尊敬します。ITスキルもすごいですね。
    当ブログ(HP?)は非常に有意義と思います。独学では本質を習得するまで時間がかかるのは全く同意です。私も長年かけて徐々にてコツをつかみ、合格年では、これまでの苦労とはうってかわって、短時間の勉強でも1次全科目合格、そのまま2次もに合格、でした。

    • コメントありがとうございます。

      独学だと本質に気づくまで(コツ)に時間がかかりますよね。ジャンボ様も同じような境遇で、諦めず勉強を継続されたこと本当にすごいです。

      私の場合、恐らくジャンボさんも同じだと推察しますが、資格を取得したかったこともありますが、それ以上に自分自身のスキルを高めたいと思って勉強を開始しました。

      回り道をしたからこそ、中小企業診断士として本当に必要な基礎能力をみにつけられたとも感じます。

      独学の良いところは、自分自身ですべて考えて行動していかなければならないことにつきると思います。

      まさに診断士、コンサルに求められる一番の能力ですよね。

      この能力をみにつけるために独学で試験を受ける人を応援するブログを今後も展開していきます!

      ITスキルはまだまだでして、もっともっと学ぶ必要があると感じる毎日です。スキルをみにつけ、WEBに強い本物の診断士として事業者の業績改善に導くことを夢見て頑張ります。

      これからも暖かい目で見守っていただけると幸いです。

      ジャンボ様のこれからのご活躍を祈念しております。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。